自由研究の輪期間一覧に戻る 学年一覧に戻る 種類一覧に戻る

歴史上の人物カルタ

小学校も高学年になると、歴史のお勉強もチラホラはじまりますね。そこで、歴史上での有名人を調べて自由研究でカルタを作ってみましょう。中学年、低学年でしたら、有名人のカルタを作ってみてもいいですね。

調べること

まず調べるのは、歴史の中でどんな有名人がいたかを調べます。社会の教科書からでもいいですし、図書館に行って、歴史の本を借りてきてもいいでしょう。大変なのは50音分の有名人を集めなければいけないということです。もちろん歴史上有名な人であれば、日本人でなくてもかまいません。黒船(くろふね)で日本の歴史に名前を残しているペリーなどでもいいのです。この場合は「ぺ」ではなく「へ」としてあつかってもいいでしょう。50音の中の「を」「ん」は作りませんので、実際は44人分の人物を調べることになります。

調べるポイント

調べるときのポイントは、人物をさがしたら、その人物が何をした人物なのか、ノートに書きましょう。人物の名前が必ずカルタの一文字めにならなくてもいいのです。例えば、「茶道(さどう)を作り上げた千利休(せんのりきゅう)」というふうにノートに書いておき、カルタを作るときは、「さ」からはじまる読み札を作り、千利休の顔をかいて「さ」の取り札としてもいいのです。

準備する物

  • カルタにする厚紙 (読み札44枚、取り札44枚)
  • サインペン
  • 色鉛筆や絵の具

 

カルタの作り方

歴史上の人物や、そのエピソードが調べられたら、いよいよカルタ作りに入ります。どうしても人数分集められなかったら、人物ではなくても、歴史に関係のある、古墳(こふん)や寺院(金閣寺など)を取り上げてもいいでしょう。でも、これらにも必ず関わっている人物がいますので、エピソードの中に、建物の名前や古墳(こふん)の名前を入れるようにしてもいいですね。

大きな紙しかなければ、カルタの大きさに紙を切って、全部で88枚用意します。(4×6センチくらいだと大きめですが絵をかきやすいです)

 

88枚全部の紙の右上に、読み札の一文字目になる言葉を入れる○を書きましょう。
書き込んだ○の中に、「あ」〜「わ」までの文字を入れていきます。(同じ文字が2枚ずつになります)

 

次ぎにサインペンで、読み札を書いていきましょう。自分で調べたノートを見ながら、エピソードを書き込みます。読む人が読みやすい、短くてわかりやすい文章にします。

次ぎに、読み札と照らし合わせながら、文章に合った絵をかいていきます。このとき、サインペンでかいてから色をぬると、絵が見やすくなります。

 

これで歴史上の有名人カルタは完成です。繰り返しカルタ遊びをしながら、歴史のことも覚えられるので、勉強にもなります。

 

歴史上の人物を調べるときに、資料を見ながら顔を先にかいてしまってもいいでしょう。読み札と絵が合っていなければいけませんので、両方を照らし合わせて確認しましょう。

 

有名人(ゆうめいじん)カルタ

1〜2年生の人や、3〜4年生の人は、歴史(れきし)をしらべてカルタを作るというのは、ちょっとむずかしいかもしれませんね。そこで、有名人(ゆうめいじん)カルタを作ってみましょう。かならず有名人(ゆうめいじん)でなくても、色々なカルタが作れますよ!

低学年(ていがくねん)

1〜2年生だとテレビに出ている芸能人(げいのうじん)やアニメのキャラクター、むかしばなしシリーズで、カルタ作りもいいですね。よみふだと、とりふだをべつべつに作ると、こんがらがってしまうので、よみふだと、とりふだをいっしょに、作っていきましょう。

作りかたは、高学年(こうがくねん)といっしょです。
紙を88まい、よういします。
右上に○をかくさぎょうも、たいへんですが、がんばってかきましょう。

 

とりふだは、色エンピツでかきましょう。
クレヨンでかくと、かさねたときに、上の紙に、色がうつって、よごれてしまいます。

 

よみふだは、さきに、まちがってもいいように、エンピツで書いてから、上からサインペンでなぞりましょう。

中学年(ちゅうがくねん)

3〜4年生だと、自分のまわりの有名人、自分の知っている歌や童謡(どうよう)の曲名で、カルタを作るのもいいでしょう。取りふだは、自分がその歌を聞いて、思いえがくふうけいや情景(じょうけい)をかいてみましょう。ちょっと高学年向きよりですが、国旗(こっき)カルタ作りもおすすめです。世界の国旗(こっき)を調べて、とりふだにかいて作ります。国旗(こっき)を覚える勉強にもなります。読みふだはもちろん、国の名前にしましょう。たとえば、日本の場合、カルタの最初は「に」ですね。読みふだは、「にほんのサクラはきれいだな」などとします。何回もカルタをしていくうちに、どの国旗(こっき)がどの国のものなのか、覚えることができます。もう一つおすすめなのが、自分が読んだ小説や童話、物語などをカルタにするものです。教科書で習った物語でもかまいません。一つの物語で、全部のカルタを作るというのも、ちょっとむずかしいですが、いいかもしれません。

上へいどう

 

 

アレンジカルタ

アレンジ編として、地図をヒントに、地理カルタもおもしろいですね。どんな国なのか、有名な行事やできごとを読み札に書いて、カルタを作ってみましょう。日本の地名カルタや電車の駅名カルタ、スポーツ選手カルタなど、色々なアレンジでカルタが作れますね。

上へいどう


期間一覧に戻る 学年一覧に戻る 種類一覧に戻る トップへ戻る